poyl

日向坂46

日向坂46『川は流れる』の歌詞の意味を解釈 -無常観と”永遠への欲”-

全員の参加楽曲となっている『川は流れる』。 通常盤収録になっている楽曲は不遇な扱いを受けてしまいますが、隠れ名曲も多いポジションです。 『川は流れる』では、変わりゆくもののメタファーとして「川」が採用され、春夏秋冬が絡められた物語となっています。 サウンド面では伸びやかなサビとアップテンポなAメロが対照的な構成です。
日向坂46

日向坂46『まさか 偶然…』の歌詞の意味を解釈 -終わったけど終わってない恋-

アニメーションのエンディングを思わせるようなサウンドの『まさか 偶然…』。 この曲を歌うのは富田鈴花さんと松田好花さんです(はなちゃんず)。 3拍子のしっとりしたメロディーに乗せて、語り手の男の子は終わった恋を思います。
欅坂46

欅坂46『角を曲がる』の歌詞の意味を解釈 -らしさって一体何?-

主演・欅坂46平手友梨奈さんが、高校生小説家鮎喰響を演じた、『響 -HIBIKI-』。その主題歌であった『角を曲がる』のMVが制作され、9月20日に公式チャンネルより公開されました。 前日9月19日、欅坂46初の東京ドーム公演最終日のWアンコールとして披露されたのが『角を曲がる』でした。
日向坂46

日向坂46『ママのドレス』の歌詞の意味を解釈 -おませさんな女の子よ-

3rdのカップリング『ママのドレス』は、潮紗理菜、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、高本彩花の5人によるユニット"りまちゃんちっく"による楽曲です。 けやき坂時代の『沈黙した恋人よ』『ハロウィンのカボチャが割れた』に続いて3曲目となったこの楽曲は、Doo-Wopを取り入れたムーディーなサウンドが特徴になっています。
日向坂46

3rd『ホントの時間』の歌詞の意味を解釈 -カップリングでハッピーオーラ全開-

9月11日放送の「レコメン!」にて、日向坂46の3rdシングル『こんなに好きになっちゃっていいの?』収録の『ホントの時間』の音源が初公開となりました!佐々木久美さん、富田鈴花さんの口笛に始まるイントロは、絵のように美しい草原、雲の一つ二つ浮かぶ空を思わせるような雰囲気。背中から抜けて行く風を感じるようなエモさでした。
日向坂46

3rd表題曲『こんなに好きになっちゃっていいの?』の歌詞の意味を解釈 -予感と不安-

9月4日、10月2日リリースの3rdシングル表題曲『こんなに好きになっちゃっていいの?』のMVが公開。 センターは『キュン』『ドレミソラシド』に続き、小坂菜緒さん。 過去2作では、ハッピーオーラ溢れる爽やかな曲調と歌詞が印象的でしたが、今作は打って変わってしっとりとした曲調の中で、大人な恋慕の情を歌っています。
乃木坂46

乃木坂46『~Do my best~じゃ意味はない』の歌詞の意味を解釈 -結果至上(と信じ込んで)-

24thアンダー楽曲にはセンターとして三期生岩本蓮加さんが抜擢。アンダー楽曲初の三期生センターとなりました。彼女自身では『トキトキメキメキ』以来2度目のセンターです。
未分類

『いつのまにか、ここにいる』見てきました

7月5日公開の乃木坂46ドキュメンタリー映画『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』が終映間近となっていましたので、行ってきました!
タイトルとURLをコピーしました