乃木坂46

24th『僕のこと、知ってる?』の歌詞の意味を解釈

乃木坂46メンバーに密着したドキュメンタリー映画『いつのまにか、ここにいるDocumentary of 乃木坂46』が7月5日に公開されました。今回の楽曲『僕のこと、知ってる?』はこの映画のエンディングテーマです。作品では、西野七瀬さんや齋藤飛鳥さん、大園桃子さん、与田祐希さんが主にフィーチャーされています。
乃木坂46

24th『僕の思い込み』の歌詞の意味を解釈 -若々しい語り手の恋が清々しい-

この曲は日本テレビ系「第39回全国高等学校クイズ選手権高校生クイズ2019」のテーマソングで、乃木坂46からは、『あんなに好きだったのに…』に続いて4年目ということになります。通常盤収録ということでMVがない曲のようです。 初期の乃木坂感を感じられる2拍子の印象が強いサウンドとなっています。
乃木坂46

24th四期生楽曲『図書室の君へ』の歌詞の意味を解釈 -微笑ましい恋のおはなし-

3人の四期生が選抜・福神入りを果たした24thシングルにもカップリングで四期生楽曲が収録されます。そのフル音源・MVは8月22日に公式チャンネルから公開されました。センターはさぁちゃんこと掛橋沙耶香さん。 楽曲は明るいテンポ感の中にポエトリーリーディングが冒頭、Bメロなど随所に取り入れられ、印象的になっています。
未分類

歌詞を解釈する時の、”語り手”を仮定することの意味とは

歌詞には、"語り手"がいます。 歌詞を物語とすると、多くの歌詞は一人称視点で書かれていますから、その一人称が語り手となります。 この語り手は世の中の全てを知っているわけではないので、彼・彼女の視点で物事を切り取り、描写します。
乃木坂46

21st『ジコチューで行こう!』の意味を解釈 -爽やか!直球な生の言葉!-

「やりたいことをやるんだ」「周りなんか関係ない」「何を言われてもいい」この表現は逆説的に、それまでの語り手が周囲の目や意向を気にして、やりたいことができていなかったことを示唆します。語り手が今日まで抱えていたこととは、周りの人たちと食い違った過去や、それを過度に恐れる心であったと考えられます。
乃木坂46

20th『シンクロニシティ』の意味を解釈 -語り手の思考が丁寧に説明される美しき傑作-

20th『シンクロニシティ』は、白石麻衣さんがセンターを務め、このシングルで卒業となった生駒里奈さんは2列目中央の位置に入っています。 また、2018年のレコード大賞を受賞し、乃木坂46を代表する楽曲になりました。 「卒業シングルにはしたくない」と生駒里奈さんが語ったこの曲の歌詞はどんな意味を持っているのでしょう。
乃木坂46

24th『路面電車の街』の意味を解釈 -欲張りなノスタルジー要素-

8月13日、公式チャンネルにおいて24thカップリング曲の一つ、齋藤飛鳥・堀未央奈・山下美月の3名による『路面電車の街』が公開されました。ノスタルジーに溢れた歌詞とメロディー。王者の組み合わせであるこの曲はどのような内容なのでしょうか。
乃木坂46

24th「夜明けまで強がらなくてもいい」を解釈 -明けない夜はない-

9/4発売予定の24thシングルの表題曲「夜明けまで強がらなくてもいい」の音源が、2019/8/1の乃木坂46のオールナイトニッポンで初O.A.となりました!ぱちぱち 公式チャンネルから公開されたMVは物語調ではなく写真集のようにカットが切り替わっていく構成になっています。
タイトルとURLをコピーしました